MENU

3歳の虫歯治療。泣き叫んでも治療してもらうのがいい?無理に治療「する歯医者」と「しない歯医者」どちらを選ぶ?

3歳ぐらいのお子さんが虫歯になってしまった場合治療を行うのもとても大変な場合が多いようです。
歯医者独特の雰囲気で実際の治療には痛みが全く無くても子供は怖がってしまう場合が多いからです。
そのような場合に歯医者によって変わってくるのが治療方針です。
歯医者に慣れてくれるのを待ち、様子を見ながらゆっくりと進めていくという歯医者もありますし、治療はしなければいけないのだからと子供が泣いても叫んでも数人で抑えて行ってしまうという歯医者もあります。
すぐに治療をしない歯医者では、子供の精神面や見ている親の心情としては良いですが虫歯の進行が心配と考える方もいるかと思います。
さくっと行ってしまうという歯医者では、泣き叫ぶ子供が可哀相と感じてしまうという点はありますが、長く通う必要がないという点は良い点と言えます。
無理に治療をすると言っても子供に接する態度は優しく必要だからやらなければいけない、と治療を行う歯医者も多くあります。
親としてはとても悩む所だとは思いますがどちらが正しいという事はない為、子供の性格を良く理解している親から見て自分の子供にはゆっくりしていく方が向いているか、一度でささっと終わらせる方が向いているかで決めるのが一番だと言えます。
まず虫歯にさせないのが一番ですし、歯医者の雰囲気を知る為にもフッ素やシーラント等虫歯の予防として小さな内から歯医者に行って子供に合う歯医者を見つけておくのが一番良いのではないでしょうか。