MENU

初期虫歯の治し方│放っておいても大丈夫?

初期虫歯とは、小さく穴が出ている状態のことで、食べ物を食べた時に歯に詰まってしまいます。そんな初期虫歯の治し方はどんな方法があるのか気になります。初期虫歯の症状として、歯の奥が黒くなっていることがわかります。その他にも小さな穴が空いていて、さほど大きな虫歯よりも気にならないです。治し方の方法として、歯を磨いてガムを噛むことで徐々に良くなってきます。それでも気になる場合は、歯医者に行って麻酔をして詰め物を詰めて虫歯を回避する術があります。歯磨き粉もフッ素入りのものを選ぶことで、虫歯が良くなりこれ以上悪い方向には行きません。フッ素入りかフッ素入りではないかを見分ける方法として、パッケージに書いてあることが多いので、表記を見ることが大切です。

フッ素を使う際の注意点はこちら

 

ガムを噛むときもキシリトール配合のガムを噛むことで歯に優しく虫歯を治してくれます。キシリトールとは歯にいい成分なので、噛めば噛むほど症状が和らぎます。噛み始めの唾液を口の中に残すことで、成分が中和され痛みをなだめてくれます。歯磨きする前に噛むのが一番適切で、噛んだ後に歯磨きすることで徐々に良くなってきます。歯医者に行くのも最後の手段ですが、家にあるもので、虫歯対策できるほか、これ以上進行しないように止めておくことができます。初期虫歯は放っておくと、進行してしまい大きな穴を生んでしまいます。そうならないために日頃からの予防が何よりも大切であることがわかります。

 

虫歯予防に一番選ばれている歯磨き粉はこちら

乳歯記事一覧