MENU

できてしまった乳歯の虫歯。進行止めの治療を解説

乳歯の虫歯は、白くなっていることが多く気づかないうちに進行していることが多いです。できるだけ、早めに進行止めの治療を受けるとよいです。
定期健診を受けていれば、乳歯の虫歯であっても気づいてもらえます。初期段階であれば、虫歯の進行止めの治療としてはフッ素を塗るだけで終わります。乳歯であっても、歯の再石灰化によって治ることもあり得ます。経過観察という形になるはずです。
少し進行してしまい、穴があいてる状態になれば穴を埋める治療が行われます。さらに進行している場合は、象牙質まで到達していることが多いです。歯を削り詰め物などで、穴をふさぐ治療がとられます。
乳歯であっても、虫歯があれば放置してはいけません。長期間治療を受けずにいればどんどん進行していきます。歯の神経にまで進行してしまうと、神経をとる治療を受けなければいけないケースがあります。
進行具合によって、進行止めの治療手段は変わっていきます。虫歯ができてしまったとしても、できるだけ穴ができる前に治療を受けたほうがいいです。
子供の様子を確認して、歯の痛みを伝えてきたらできるだけ早く専門医に診てもらうとよいです。乳歯であっても進行止めの治療が遅れてしまうと、抜歯をしなければいけないこともあり得ます。
乳歯は大人になるまでに抜けてしまいますが、虫歯になっていいわけではありません。歯並びが悪くなるなど、大人になってから影響がでてくることもあり得ますので、定期的に病院を利用すれば進行止めの治療が受けやすくなります。

 

乳歯,虫歯,進行止め