MENU

ママ必見!乳児の歯磨きいつから始める?

歯磨きをする時に泣いてしまう乳児は多くいますが、しなければ虫歯になり、痛い思いをするのは子どもです。そうならないためにも世の中のお母さんたちは頑張るのですが、歯磨きをスムーズにしたいのであれば、乳歯が生えてくる前から歯茎をお母さんの指で触る癖をつけておき歯磨きの練習をしておくと良いでしょう。

 

乳児は自分から異物を口に入れて感触などを確かめますが、勝手にしかも急激に歯ブラシを入れてしまえば乳児と言えども恐怖を感じてしまいます。その恐怖を無くすためにも、遊んでいる時に赤ちゃんを仰向けにし歌や人形などで赤ちゃんを笑うように仕向けながらお母さんの指で歯茎をくすぐるようにマッサージします。自分ではない人が口の中に物を入れても怖がらない癖を最初につけておき、その後、乳児の喉に歯ブラシが刺さらない様な工夫のされている歯ブラシを赤ちゃんに与えて歯ブラシに慣れさせると良いでしょう。
生後6か月というと離乳食が始まるので躍起になって歯磨きをしようとする人もいますが、離乳食の最初はペースト状で1日1回食なのでそこまで歯に汚れが付くとは言えず、手短にガーゼで歯の表面をさっと磨くだけでも問題はありません。むしろ離乳食の時期に躍起になりすぎて歯磨きという行為に恐怖を感じるようになる方が問題と言えます。しかし離乳食から幼児食になり多くの食材を食べるようになれば歯磨きは重要になり、この時に挫折してしまわないように乳歯が生える前から歯茎ケアをしていきましょう。

関連ページ

一歳児の歯磨きで押さえるポイントと注意点
一歳児になると中には歯磨きを嫌がる子もでてきます。一歳児の歯磨きで押さえておきたいポイントをまとめました。